【人気最強!マウンテンライトジャケット】サイズ感とレビューを写真付きで徹底解説

\ この記事がオススメな人 /

  • マウンテンライトジャケットのサイズ感が知りたい
  • どのサイズが自分に合っているのか知りたい
  • マウンテンライトジャケットの最新モデルは過去モデルとどこが違うの?
  • どんなコーディネートをすればいいの?
  • 実際マウンテンライトジャケットって本当にいいの?

THE NORTH FACE(ノースフェイス)の MOUNTAIN LIGHT JACKET(マウンテンライトジャケット)はGORE-TEXを使用した防風・防水・透湿性に優れたタウンユースに最適なマウンテンパーカー。デザイン性と機能性に優れ、人気カラーは即完売してしまいます。

ノースフェイス独自のジップインジップシステムも搭載されているので、春や秋はもちろん、真冬にも着用が可能なコスパ最強のアウターです。

この記事ではマウンテンライトジャケットを「実際に着てみたサイズ感」や「着用してみてのリアルな感想」を書いています。

数多くのハードシェルジャケットを見たり着たりしてきたからこそ、「知っている」「感じる」ことがあったので、良いことも悪いことも包み隠さずお伝えします。

あとで買おうと思っていたのに売り切れていた…ということも珍しくありません。この記事を読んでサイズ選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

ぼたもち

私は176cm60kgで痩せ型ですが、マウンテンライトジャケットはMサイズを着用してジャストサイズ!

マウンテンライトジャケットの最新情報

2024年春夏モデルでもNEWカラーが登場!

2024年春夏モデルはカラーのみの変更。型番や価格、機能面などに変更はありません。

2024年6月現在

去モデルからの変更点!

2024年春夏モデル

2023年秋冬モデルからカラーのみ変更。

2022年秋冬モデル以降

2022年秋冬モデルからモデル番号、価格、素材と大きく変わりました。

モデル番号:NP62236(メンズ)NPW62236(レディース)
定価:41,800円

2022年春夏モデル以前

モデル番号:NP11834(メンズ)NPW11834(レディース)
定価:39,600円

ぼたもち

定番色以外は、毎シーズンカラーが変わってしまうので、気に入った色がある場合はそのシーズン中に買っておくのが◎。

目次をクリックすると読み飛ばし可能!

この記事でわかること

マウンテンライトジャケットを買って後悔しない3つの理由

他社のマウンテンパーカーにはない「マウンテンライトジャケット」だけのおすすめポイントを三つ紹介します。

春や秋はもちろん真冬にも着られる

マウンテンパーカーを選ぶときは、どの時期まで着られるかが重要です。一般的なマウンテンパーカーは冬には対応しておらず、春か秋にしか着ることができません。

しかし、マウンテンライトジャケットは高機能素材であるGORE-TEXに加え、ジップインジップシステムを採用しているため、真冬にも着ることが可能です。

≫防寒性についてはこちら

バッグいらずの収納力

キャッシュレスやミニマル化がトレンドの近年では、バッグすら持ち歩きたくないという人も多いです。そんな時にもマウンテンライトジャケットは収納力が高くて便利。

長財布はもちろん、500mlのペットボトルもポケットに収納できるだけでなく、外側・内側とポケットが多いのも特徴です。

≫収納力についてはこちら

何にでもあう万能のアウター

アウターは何着も所持しているようなものでないため、コーディネートのしやすさは重要です。マウンテンライトジャケットはシンプルなデザインでありながら、胸元にワンポイントのロゴがあり様々なファッションスタイルにも万能にあわせることができるアウター

一般的なアウターに比べ、身幅が広く、丈もやや長いため、大きめサイズを選ばなくても近年のトレンドであるオーバーサイズに着用することが可能です。

≫コーディネートについてはこちら

⬆︎目次へ戻る

マウンテンライトジャケットのサイズ感は普通

ノースフェイスの洋服は大きめのサイズ感なので、「1〜2サイズ小さいサイズを買いましょう」とよく聞ききますが、マウンテンライトジャケットは一般的なサイズ感です。

いつも着ている服のサイズで買っても問題ありませんが、失敗しないためのサイズ選びのポイントが2つあります。

  • 公式サイトのサイズ表を参考に選ぶ
  • ファッションスタイルに合わせてサイズを調整する

公式のサイズ表を参考に選ぶ

ノースフェイスの公式サイトにサイズ表が掲載されています。

メンズ身長チェスト(胸囲)
XS155~16570~84
S160~17080~88
M165~17584~92
L170~18088~96
XL175~18592~100
XXL180~19096~104
引用:THE NORTH FACE公式サイト
レディース身長バスト
S150~16076~84
M155~16580~88
L160~17084~92
XL165~175 88~96
引用:THE NORTH FACE公式サイト

特にこだわりがなければ、このサイズ表通りに買ってもらえれば問題ありません。

176cmの私がMサイズを着た時の袖の長さ
ぼたもち

マウンテンライトジャケットは、身幅が大きめ、丈がやや長めなので、サイズ表通りに買ってもらうと、少しダボッとしたシルエットになります。

ファッションスタイルに合わせてサイズを調整する

基本はサイズ表を参考に購入してもらえば失敗しませんが、サイズ表だと重なってしまう部分が合って、どっちのサイズを選んだらいいかわからない…といった場合は自分好みのファッションスタイルに合わせてサイズを調整することも大切です。

ップインジップで中にフリースやダウンを着る場合

公式サイトのサイズ表通りに選べばジップインジップを使用しても問題なく着用できるサイズ感。ジップインジップとは、中に1枚インナージャケットを取り付けられる機能のことです。

≫ジップインジップについてはこちら

ウンテンライトジャケット1枚をジャストサイズで着たい場合

公式サイトのサイズ表より1サイズ小さいサイズがオススメ。(M〜LサイズならSサイズ、L〜XLサイズならMサイズ)

マウンテンライトジャケットは身幅が大きめに作られているため、サイズ表通りに選んでしまうと身幅が大きく、ややオーバーサイズ気味のシルエットになりますが、1サイズ小さいものを選ぶことで、ダボッとした感じがなくなります。

≫サイズ感を確認する

ーバーサイズで着たい場合

公式サイトのサイズ表より1サイズ大きめサイズがオススメ。(M〜LサイズならXLサイズ、L〜XLサイズならXXLサイズ)

身幅は大きめになっているのでサイズ表通りに着用してもオーバーサイズ気味にはなりますが、もっと大きく着たい場合はサイズを大きくすると効果的。オーバーサイズはトレンドなので、あえてメンズのSサイズを着用している女性も多いです。

≫サイズ感を確認する

⬆︎目次へ戻る

「マウンテンライトジャケット」の商品情報

マウンテンライトジャケット
総合評価
( 4 )
メリット
  • コーディネートがしやすいデザイン
  • 夏以外の長い期間着られる
  • 折り畳みができるので持ち運びが便利
  • タウンユースで最適な機能性
デメリット
  • 他社のマウンテンパーカーに比べて重い
  • 価格が高い
  • 人気があるため、着ている人が多い

マウンテンライトジャケットは定期的にモデルチェンジやカラーバリエーションなどを変えています。2022年の秋冬モデルも例外ではなく一部変更がありました。

メンズレディース
型番NP62236NPW62236
カラー7種類4種類
サイズS〜XXLS〜XL
重量765g(Lサイズの場合)635g(Lサイズの場合)
素材<表地>70D Recycled GORE-TEX(2層)(表側:ナイロン100%、裏側:ePTFE)
<裏地>TNF Embossed Taffeta(ポリエステル100%)
<表地>70D Recycled GORE-TEX(2層)(表側:ナイロン100%、裏側:ePTFE)
<裏地>TNF Embossed Taffeta(ポリエステル100%)
定価41,800円41,800円

メンズカラー

レディースカラー

2024年春夏モデルは明るめのパステルカラーが増えました。

人気色は「ニュートーブ」と「ユーティリティブラウン」

マウンテンライトジャケットで人気の高いのは以下の2カラーです。

出典:THE NORTH FACE(ニュートープ)
出典:THE NORTH FACE(ユーティリティブラウン)

2022年の秋冬モデルでは、「ユーティリティブラウン」は販売していませんでしたが、2023年春夏モデルから復活し、秋冬モデルでも継続して販売があります。人気色だったので、嬉しいですね。

メンズとレディースの違い

メンズとレディースの差は以下の通りです。

  • レディースは型番にWが付く
  • カラーが違う
  • ボタンの向きが違う

基本的な機能などは全く同じです。女性がメンズのSサイズを購入して着ているということも珍しくないので、気に入った色がメンズにしかない場合はメンズを購入するのもオススメです。

≫サイズ感を確認してみる

1サイズでは、さほど大きさが変わらない

以下はマウンテンライトジャケットの詳細なサイズ表になります。1サイズ上がるごとに着丈と身幅は2cmずつ大きくなり、裄丈は3cmずつ大きくなります。

\ メンズ詳細情報/

サイズ着丈身幅裄丈
S715784
M735987
L756190
XL776393
XXL796596
参照:ノースフェイス公式サイト

\ レディース詳細情報/

サイズ着丈身幅裄丈
S635076
M655279
L675482
XL695685
参照:ノースフェイス公式サイト

レディースのXLより一回り大きいのがメンズのSサイズです。レディースはメンズに比べ、着丈に対して身幅と袖が大きいので、もともとオーバーサイズ気味で作られています。

ぼたもち

サイズ選びは慎重になりがちですが、1サイズ程度では大した差にならないので、神経質になる必要はありません。

≫実際に着用している画像はこちら

⬆︎目次へ戻る

マウンテンライトジャケットを着てみたレビュー・感想

マウンテンライトジャケットは、軽いトレッキングやキャンプなどのアウトドアに使用することも可能ですが、一番のオススメはタウンユースで着用することです。

ジップインジップシステムで真冬にも耐えられる

アウターの中にもう1枚インナーのジャケットを着ると2枚着ることになりますが、ジップインジップシステムは、ジャケット同士をジップでつなぎ合わせることによって、2枚を1着にすることができ、着たり脱いだりが1回で済みます

防寒対策としての役割はもちろんですが、つなぎ合わせることで手間も省けるのは嬉しい機能です。しかし、すべての商品とつなぎ合わせることができるわけではないので、注意が必要です。

ぼたもち

同じ種類のジッパーなら他社の物でも付きますよ!

タウンユースなどでは問題なく使用はできますが、スノーカフなどが付いていないので、雪山などハードな環境には向いていません。

防風・防水・透湿性に優れたGORE-TEX(ゴアテックス)を使用

GORE-TEX(ゴアテックス)とは、「防風・防水・透湿性」の3つを兼ね備えた素材です。ゴアテックスには寿命がないので、年数と共に性能が落ちてしまうといったこともありません。

防風

風が服の繊維を通って中に入ってくることがないため、体が冷えるといったことがなくなります。

防水

雨や雪が降っても、弾いてくれるので、染み込んで服が濡れることがありません。
急な天候不良にも対応できる万能な機能。

透湿性

服の中にこもってしまった熱や汗を外に出してくれることで、快適に着用し続けることが可能です。
外からは入れないが、中からは外に出せるようになっています。

ゴアテックスについて、もっと詳しく知りたい場合はこちらの記事で詳しく解説しています。

ぼたもち

マウンテンライトジャケットは生地だけでなく、細部にまで着心地の良さを追求しています!

裏地は肩から脇の下にかけて、メッシュになっている為、通気性が良くなり、蒸れの排出を助けます。

特にフロントジッパーを閉めているとジャケット内に熱がこもって汗をかきやすくなってしまいますが、通気性が良くなっているため、フロントジッパーを開かなくても快適に着続けることができます

フロントのボタンのところはダブルフラップになっています。ジッパーから雨などが染み込んでこないように2重になっているのもポイントです。

ぼたもち

表面はGORE-TEXで撥水し、隙間のできやすいジッパー部分にはダブルフラップにすることで水の侵入を防いでいます。

バッグいらずの高い収納力

マウンテンライトジャケットには、正面のロゴ下の位置に左右2つ、裏地の胸ポケットに左右2つの計4つのポケットがあります。

正面のポケットが特に大きく、赤く囲った部分は縫い目の形に沿ってポケットになっています。

500mlのペットボトルや長財布なども余裕で入る大きさです。

ぼたもち

他のハードシェルでもここまで収納力のある物はほとんどありません!!

⬆︎目次へ戻る

マウンテンライトジャケットを着用したコーディネートとサイズ感

マウンテンライトジャケットの着用イメージをサイズごとにまとめました。コーディネートはどんなものとでも相性がいいので、色の組み合わせだけ意識すれば問題ありません。

メンズコーディネート一覧

出典:WEAR(RUKA0111)

モデル:173cm 着用サイズ:S

モデル:173cm 着用サイズ:S

レディースコーディネート一覧

出典:WEAR(*ma.ru*さん)

モデル:149cm 着用サイズ:S(メンズ)

出典:THE NORTH FACE 公式サイト

モデル:162cm着用モデル:S

出典:THE NORTH FACE 公式サイト

モデル:153cm着用モデル:S

⬆︎目次へ戻る

マウンテンライトジャケットのよくある質問

マウンテンライトジャケットって寒くないの?

マウンテンライトジャケットはジップインジップという独自システムがあり、中に他のアウターを取り付けられるようになっています。その機能を使えば冬場でも暖かく着用が可能です。

≫実際に着た感想はこちら

マウンテンジャケットとの違いは?

マウンテンジャケットはマウンテンライトジャケットをさらに高機能にしたモデルになります。スノーボードやスキーなどでも使用したい人はマウンテンジャケットの方がオススメです。

≫マウンテンジャケットとの違いはこちら

どうやってサイズを選べばいいの?

サイズはノースフェイス公式サイトにあるサイズ表をもとに選べば失敗しませんが、タイトに着たい場合はそれより小さめ、オーバーサイズで着たい場合は大きめを購入するのがオススメ。

≫サイズの選び方はこちら

⬆︎目次へ戻る

マウンテンライトジャケットは長く着られる最強のアウター

\ この記事の結論 /

  • マウンテンライトジャケットはタウンユースに最適
  • サイズ感は一般的なサイズ感だが、身幅と丈が少し大きいのでオーバーサイズ気味
  • GORE-TEXを使用しているので、多少の悪天候には対応可能
  • 人気のカラーは「ニュートーブ」と「ユーティリティーブラウン」
  • コーディネートは何にでも合う万能のアウター

この記事では、マウンテンライトジャケットのサイズ感や実際に着てみたレビューやコーディネートの一例を紹介しました。

春や秋はもちろん、真冬にも着られるアウターは珍しいです。シンプルなデザインのため、長年着られることもポイントとして高く、買って後悔しないアイテム間違い無し。

価格が4万円と効果ではありますが、もし飽きてしまってもどこの買取店でも高く買い取ってくれる人気アイテムなので安心です。この記事が参考にマウンテンライトジャケットを選んでもらえれば嬉しいです。

≫高く売れるオススメの買取業者はこちら

おわり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事でわかること