手に入れよう。
   豊かな生活への第一歩
   行動すれば手に入る
もったいなくない?
   知っているだけで
   得することがたくさんあります
高い物がいいものじゃない。
   ずっと使えて愛着がもてる
   そんなものを見つけよう

\ こんな経験はありませんか? /

  • 高いから似たような安いもので我慢しよう…
  • SALEになるかわからないけど、もうちょっと待ってみよう…
  • 気に入っているけど、高く売れるうちに売ってしまおう…

せっかく気に入って買った洋服…できれば長く着たいし、着なくなった時は高く売りたいですよね。

洋服をはじめとした、靴やバッグなどのファッションアイテムは流行が変わりやすいので、買ってから月日が経ってしまうと綺麗な状態でも、安くなってしまうものが大半…

また人気ブランドはセールをやらないところも多く、安く買えることのほうが珍しいです。

ぼたもち

このブログでは、買取業務を15年以上やってきた経験を活かして高く売る方法や安く買う方法を解説!

この記事でわかること

洋服の価値は2年で激減する

洋服を中心としたファッションアイテムは半年ごとに価値が下がります。下記のグラフは定価に対しての中古価格の推移。すべてのものに当てはまるわけではありませんが、一般的には2年を過ぎる頃にはかなり価値が下がり、3年を境に5年後にはほとんど価値が残りません。

一般的なブランドの中古価格の推移

セレクトショップのオリジナルブランドを想定

年ごとに価値が下がる理由

  • 次のシーズンには新しいものが発売される
  • 新しいものが出ると古いものはセールにかかる
  • 中古市場も新品市場と同じ動きをするため、安くなる

買取業者の公式サイトを見ると、買取基準に「3年以内の物」や「5年以内の物」と書かれているケースがよくあります。それは3年目を境に5年過ぎてしまうとほとんど値段がなくなってしまうからです。つまり、高価買取を狙うなら発売から2年以内、遅くても3年以内には売る必要があるということ。

ぼたもち

せっかく気に入った服を買っても、数年で価値が大きく下がってしまうのは勿体ないですよね…

しかし、価値の下がりにくい物もたくさんあります。そういった物の場合、定価に対しての買取価格の推移は以下のようになります。

価値が下がりにくいものを売った場合

セレクトショップのオリジナルブランドと価値のあまり下がらないものを売った場合の比較

値の下がりにくい物を買った方がよい

同じようなデザイン・定価でも5年後に売れる値段が大きく違うということはよくあります。できれば安くていい服が欲しいと思うことは当然ですが、少し値段が高いくらいであれば価値の下がりにくいものを買った方が最終的にはお得になります。

下記は購入してからの買取金額の目安です。

購入からの期間一般的な洋服価値の下がりにくい洋服
1年3,000円7,500円
2年1,800円6,750円
3年1,200円6,000円
5年300円4,500円
定価:1万5千円の物の売った場合の買取金額の目安
購入からの期間一般的な洋服価値の下がりにくい洋服
1年6,000円15,000円
2年3,600円13,500円
3年2,400円12,000円
5年600円9,000円
定価:3万円の物の売った場合の買取金額の目安

価値の下がりにくい洋服であれば、5年も着て買取金額は定価の30%程度になります。

ぼたもち

着なくなった服を売って、新しい服を買う足しにすることもできるので、実質値引きになります!

もっとお得に買うためには…

高く売れる買取業者を利用 + 新古品を購入で、実質値引きを50%以上にすることも可能!

≫実質価格を50%OFF以上にする詳しい解説

実質価格を30%OFFにする3つのポイン

  • Point:1
    高く売れる買取業者を知る
  • Point:2
    高く売れるブランドやアイテムを知る
  • Point:3
    高く売るためにやるべきことを知る

Point:1 高く売れる買取業者を知る

高く売れる買取業者を利用することは、実質値引きをする上で一番重要なことです。

お店によっても得意とするブランド、不得意とするブランドがあるので、自分にあった買取業者を知ることから始めてください。

\ 見積もりの一例 /

  • A社:87,800円
  • B社:60,000円
  • C社:40,100円
  • D社:70,400円
ぼたもち

同じものを見積りしてもらってもこんなに差が…

Point:2 高く売れるブランドやアイテムを知る

高く売れるブランドやアイテムには共通の特徴があります。

その特徴を知れば、5年着ても価値をあまり落とさずに高く売ることができるので、実質値引率が高くなります。

高い物だから高く売れるというのは間違いです。

く売れるブランドやアイテムの共通の特徴3選

  • 流行り廃りがない
  • 1年を通して使える
  • 素材がしっかりとしている

\ 高く売れる理由 /

流行り廃りがない

年数と共に値段が下がる1番の理由は、トレンドが変わるから。
流行りのブランド・アイテムは買ってすぐに売れば高く売れますが、トレンドが変わってしまえば、一気に値段が落ちます。
年数が経っていても高く売るのには流行り廃りのないというのは最も重要です。

1年を通して使える

1年を通して使えるというのは、季節物ではないということです。
季節物は、そのシーズンが終わってしまうと、次に売るのは翌年になるため、今年のモデルであったとしても来年売れる価格で販売することになります。
しかし、季節物でなければ、今年のモデルは今年に売れる値段で販売するため高く売れます。

素材がしっかりとしている

高く売るためには長く着ていても使用感があまりでない質の高い物を選ぶ必要があります。
ある程度は比例しますが「定価が高い=質の高い物」ではないので、注意が必要です。
デザインだけでなく、素材にもしっかりとこだわっていることが重要です。

ぼたもち

つまり、高く売れるかどうかは買う段階でほとんど決まってしまっていると言うことだね!!

Point:3 高く売るためにやるべきことを知る

どんなに人気のブランドでも高価買取をしてもらうためには、状態が非常に重要です。

5年も着ればそれなりに着用感が出てしまったり、多少の汚れが付いてしまうのは仕方のないことですが、それを最小限に抑えることが高価買取のポイントの1つです。

態を維持するために必要なこと

  • クローゼットにしまう前に必ず洗う
  • 高温多湿を避ける
  • 毛玉や汚れなど簡単に取れるものは早めに取る

\ 注意しなければならない理由 /

クローゼットにしまう前に必ず

普段洗わないようなジャケット類なども洗ってしまわないと黄ばみや劣化の原因になってしまいます。
一度付着してしまった黄ばみはなかなか落ちませんし、劣化してしまったものは修復ができなくなってしまうので、注意が必要。

高温多湿を避ける

レザーや合皮など化学繊維を使った素材は高温多湿に弱く、劣化やカビ発生の原因になります。
高価な素材のものほど高温多湿に弱く買取金額にも響いてくる傾向があるので注意が必要

毛玉や汚れなど簡単に取れるものは早めに取る

毛玉や汚れは、早く対処すれば簡単にキレイにできるものも多いですが、しばらく放置してしまうとなかなかキレイにできなくなってしまうものが多いです。

ぼたもち

正しい管理やすぐにキレイにしなかったがために買取金額が大幅に下がってしまうのはもったいない…

実質価格を50%OFF以上にする方法

  • 高く売って買う時の実質割引を上げる
  • 安く買って買う時の金額を下げる

高く売って買う時の実質割引を上げる

売って実質割引をすると、本来セールになっていないような商品も実質的に割引になるため、お得に買うことができますが、実際に売ってみるまでいくらになるのかわからないというデメリットもあります。

≫高く売る方法はこちら

安く買って買う時の金額を下げる

安く買って金額を下げるのには、実際にいくら安くなるのかその場でわかるというメリットがある反面、希望の商品が安くなっていない可能性が高いというデメリットもあります。

高く売るのにも安く買うのにも限界がある

高く売るのにもプレミア価格が付かない限りは定価より高く売ることはできないですし、安く買うにも限界はあります。

しかし、高く売ることと安く買うことを掛け合わせることで、より大きな割引にすることができ、お得に良い物を手に入れることが可能となっています。

ぼたもち

どちらか1つでは限界があるが、2つなら新作のモデルでも実質50%OFF以上が可能!!

洋服を安く買う5つの方法

  • 中古品を買う
  • アウトレット品を買う
  • セール品を買う
  • 並行輸入品を買う
  • ポイントを使って実質値引き

\ メリット・デメリット /

スクロールできます
価格年式品揃え状態偽物
中古品
アウトレット
セール
並行輸入
ポイント値引き

ススメは中古品を買うこと

中古品を買う

中古品がもっとも安く買うことが可能です。品揃えが豊富ですが、同じ商品でも出品者によって値段が全然違うため高いのか安いのかを判断するには多少の目利きは必要

アウトレット品を買う

アウトレット品は通常のセール品よりも割引率が大きいのが特徴ですが、去年のモデルなどもあります。また、売っている商品の半分以上がアウトレット専売品の店舗もあるので、注意が必要

≫アウトレット専売品の見分け方はこちら

セール品を買う

セール品は割引率が10~30%OFFとそこまで高くないものの、今年のモデルが中心になっています。基本的には売れ残り品がセール対象となるので、品揃えがあまりよくないというデメリットもあります。

並行輸入品を買う

並行輸入品は30%~50%OFF程度の割引で新作が買えることがある反面、定価よりも高く売られていることもあるので注意が必要です。並行輸入品があるのは海外ブランド中心。

≫並行輸入品の詳しい解説はこちら

ポイントを使って実質値引き

過去に購入などして貯めたポイントを利用すれば、ほとんどの商品がいつでも安く購入できます。自分で貯めたポイントを利用するだけなので、お得感などはあまりありません。

ぼたもち

中古品を買うなら、セカンドストリートか楽天市場がオススメ!!

\ オススメな理由 /

セカンドストリート楽天市場
1社あたりの出品数が業界No.1
全国で使えるポンタポイントが付与
保証が充実
検索機能が充実していて探しやすい
掘り出し物が多い
ネットに売っている物でも近隣店舗に取り寄せが可能
定期的にイベントを実施
複数社の在庫を出品しているから出品数が多い
中古品も新品も並行輸入品もある
全国で使える楽天ポイントが溜まる
ポイントの還元率が高い
楽天に会員登録してあればどこのショップも会員登録不要
楽天で出品するためには厳しい審査が必要なので安心して購入できる

どっちのショップを使ったほうがいいのかなどの使い分けはこちらの記事で詳しく解説しています。

カテゴリー紹介

この記事でわかること